横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

AGA治療を受ける時のガイドラインについて

AGA治療を受ける時に便利なものに、男性型脱毛症ガイドラインが在ります。男性型脱毛症ガイドラインは日本皮膚科学会が策定したガイドラインであり、AGA治療を受ける時、様々な治療法の中からどれが一番良いのか、高い費用を支払うことなくAGA治療が出来るのかなど、効果的な治療方法を推奨しているガイドラインです。このガイドラインでは5段階の推奨度で治療方法を分類しているのが特徴で、5段階の推奨度はA、B、C1、C2、Dになります。Aの推奨度は「行うよう強く勧められる」で、AGAの特効薬として有名なプロペシアの推奨度はこれになります。

Dの推奨度は「行わないように勧められる」で、女性に対するプロペシアの推奨度がこれに当たるのが特徴です。AとDの推奨度は全く別の推奨度になっているのが特徴であること、そしてプロペシアの推奨度は男性と女性とでは全く異なるのが特徴であり、プロペシアについては専門医の処方による医薬品であり、男性に対しての処方は行われても、女性に対しての処方が行われないのが特徴です。特に、妊娠している女性や妊娠している可能性が有る女性は、プロペシアによる恐ろしい副作用が在る事からも、プロペシアの主成分となっているフィナステリドと呼ばれる成分が含まれているジェネリック医薬品を利用するのは危険だと言われています。尚、AGA治療ではプロペシアによる発毛を促し、ミノキシジルにより育毛を促す方法で行われることが多いのですが、ミノキシジルについては男性および女性伴に、推奨度はAになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です