横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

AGAの原因とAGA治療について

薄毛の部分には、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質があります。このDHTの存在が薄毛を加速させる要因となっています。髪にはヘアサイクルというものがあります。ヘアサイクルは、普通に薄毛に悩んでいない方でも成長期と休止期があり、毛が生えて、そして抜けてと繰り返しています。

通常、成長期には毛がどんどんと生える期間なのですがこのDHTがあるとこの成長期の期間を短くししてしまいます。つまり、それが原因で薄毛というものが発生します。このDHT体位策として、AGA治療で行われているのがタブレットなどによる内服液です。つまり、このDHDを抑制して、抜け毛を改善します。

成分的にはフィナステリドやミノキシジルがあります。フィナステリドは、抜け毛の原因となるDHTを抑えてくれる働きがあります。ミノキシジルには、血管を拡張して、血流を改善して、髪の成長に必要な栄養をより多く毛穴に運ぶようにするものです。このAGAですが、進行性の疾病で、治療せずに放置しておいても治るものではありあません。

AGA治療では、フィナステリドやミノキシジルの他に亜鉛やビタミンB群を補うことが必要です。サプリメントなどで補う治療も並行して行う場合が多いです。AGA治療は、このような内服液やサプリメントの摂取で改善していくケースが多いので放置せずに早めにクリニックの受診をしたほうがいいです。このDHAですが放置すればするほど増える傾向にありまうので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です