横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

医師の診療を経て飲み薬と塗り薬で治すAGA治療とは

額や頭頂部から薄毛のエリアが広がってきているのを実感した時には、それはAGAの可能性が濃厚です。もちろん自宅での育毛ケアやスカルプシャンプー、頭髪の成長に悪影響を与えそうな生活習慣の改善なども率先して行うべきですが、それと並行してクリニックなどで専門的なAGA治療を受けることが望ましいでしょう。そもそもAGAは男性ホルモンが活性化して5αリダクターゼという酵素と反応することでDHTという物質を生み出す症状です。毛乳頭はこのDHTを感知すると頭髪の成長が終了したものと誤認して栄養の補給をやめ、これが原因となって頭髪はやせ細って抜け落ちていってしまいます。

こういった症状を改善するにあたり、まずはDHTを分泌しにくい状態を作っていくのがAGA治療の根幹にあたります。とりわけ飲み薬での治療が一般的であり、フィナステリドという成分を含むプロペシアは5αリダクターゼの2型を抑制するのでDHTの分泌量も抑えることが可能となります。こうして頭髪の成長サイクルが正常化することによって元の元気な状態を取り戻すことができるのです。また、この時に充分な栄養分を補給できるような状態を形づくるのもAGA治療の重要な部分です。

そのためにもミノキシジル配合の塗り薬を使って毛細血管の幅を広げ、より多くの血液が栄養分を運搬してくれるような態勢づくりを整えることが可能となります。ミノキシジルによる効果は塗った直後から実感できますが、フィナステリドは服用し始めてから数ヶ月、半年ほどかかってようやく発毛の実感が得られるようになるケースもしばしばです。医師の相談を仰ぎながら地道に対処していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です