横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

包茎手術が必要になることがある糖尿の症状

包茎手術というと、思春期を過ぎても包皮と陰茎のバランスが悪く、亀頭が露出することができない仮性包茎やカントン包茎、真性包茎などというイメージがありますが、年をとってから手術が必要になることがあります。生活習慣病のひとつである糖尿は、年齢を重ねるほど罹患率が高くなる傾向がある代表的な生活習慣病です。糖尿になると、血流が悪くなり、皮膚の乾燥や敏感肌といった症状が出ることがあり、悪化すると包皮や亀頭が摩擦によって炎症を起こしたり、傷になってしまうこともあるのです。包茎の人は垢や排泄物、汚れが包皮の内側にたまりやすく糖尿でなくても炎症を起こしてしまうことがありますが、肌が敏感になっていたり、乾燥していたりするとバリア機能が低下して少しの刺激でも赤くなってかゆみや痛みが生じたり、傷ができて出血してしまったりする可能性があります。

糖尿で肌が乾燥して敏感になったり、血流や栄養状態の悪さから皮膚がかたくなったりしてしまうと、仮性包茎が真性包茎になってしまうことがあります。勃起しても亀頭が露出しなくなってきた、手でむくことが難しくなったり、痛みや違和感を伴うようになってきたなどの症状が出てきたら、包茎手術をすることが必要と言えます。放置してしまうとさらに症状が進み性生活だけでなく、普段の生活にも不便を生じるようになるため、早めに治療を介することがおすすめです。包茎手術の治療実績が豊富なメンズクリニックなら、症状に合わせた治療法を教えてもらうことができるので、気になる症状がある場合には早めにカウンセリングから始めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です