横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

糖尿の方は包茎手術を受けた方がいい

糖尿がある方は出来れば包茎手術を早めに受けた方がよく、この症状の一つの肌の乾燥やかゆみは血液の循環が滞っていることが原因で体の表面全体に及んでます。男性だと亀頭や陰茎を包む包皮も当てはまり、高血糖状態だと動脈硬化のため血流状態が悪くなって包皮に必要な栄養や酸素がいきわたりません。そのため弾力のなくなった包皮はかさついて避けてしまい、包皮や包皮口に裂傷が出来ると排尿したときに尿が染みて痛みます。この状態では普段の生活や性交渉でも痛みを感じるためセックス自体も難しくなり、勃起した時は露出していた仮性包茎が、弾力を無くした糖尿病型包皮炎を患っている包皮だと勃起しても亀頭が露出出来ない真正や締め付けを起こすカントンへと悪化することもあります。

さらに包皮先端の開口部の包皮口へ裂傷があると、勃起すると裂傷から出血すりょうになってもっと深刻になります。糖尿病型包皮炎の包茎手術を行うクリニックは実は少なく、難易度も上がるので中々引き受けてくれるところがないです。受診しても難しい・暫くは薬で様子をみますなどと言われて、結局手術をしなかったり症状が悪化してしまったということもあったりします。手術をしないで治ればいいですが、治らないときや症状が悪化するときは外科的な手術が必要です。

糖尿病で包茎手術を希望するときは、対応可能で実績もある信頼できるところへ相談したほうがいいです。中には、持病があっても手術を行ってくれるところはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です