横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

糖尿病で悪化した包茎は包茎手術で改善を

包茎は包皮とペニスの長さのバランスが悪いために亀頭が十分に露出しない状態のことをいいますが、その原因は主に先天的なものであり、病気ではないため必ず治療しなければならないというものでもありません。日常生活や性生活に支障を来していなければ、そのままにしておいても大丈夫です。ただ、時には後天的な要因によって状態が悪化することもあります。そのような場合は、包茎手術を含めた治療を検討することが必要です。

包茎が悪化する後天的な要因として挙げられるものの1つに、糖尿病があります。糖尿病は生活習慣病の一種で、血液中に含まれる糖分が増加し、血糖値が上昇することで起こります。血糖値が高い状態が続くと血行障害が起きやすくなって、末端の組織に栄養が行き渡らなくなり、組織がもろくなってしまいます。ペニス周辺で血行障害が起きると、包皮が柔軟性を失って自然な伸び縮みができにくくなります。

その結果、ペニスが勃起しても亀頭が十分に露出しなくなってしまう状態が起こりやすくなります。さらに悪化すると、組織がもろくなって包皮が避けてしまうこともあります。このような状態になるのを避けるには、包茎手術によって早めに包茎状態を解消しておくことが大切です。もちろん、並行して糖尿病の治療を進める必要もあります。

包茎手術を受ける時は、自分が糖尿病の治療中であることを担当医に打ち明ければ、包茎治療の専門の医療機関であればそれに見合った治療を行ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です