横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

糖尿で包茎手術を受けることがある理由

陰茎が包皮に包まれている状態である包茎は、思春期になっても陰茎と包皮のバランスが悪く、亀頭が露出できない場合が多いのですが、糖尿によっても包茎になってしまうことがあります。成人した時は亀頭を露出することができていたのに、糖尿によって包茎になってしまうことがあるのです。生活習慣病のひとつであると言われている糖尿病は、肌の乾燥やかゆみ、血液のめぐりの悪さなどの原因のひとつで、高血糖状態が続くと動脈硬化が生じてきます。動脈硬化が起きると血流が滞り、包皮にも必要な栄養や酸素がいきわたりにくくなります。

栄養と酸素が不足した包皮は、炎症を起こしたり、乾燥してかさつきが出てくるため包皮がかたくなったり、皮膚の表面に亀裂ができて苦痛を感じるようになる場合があります。また皮膚が弾力を失い、特に仮性包茎の人は亀頭を露出することが困難になって真性包茎に移行してしまうという経過をたどるのです。糖尿による包茎の悪化が生じた場合には、痛みや苦痛を伴うため、包茎手術を受けることをおすすめします。糖尿であっても包茎手術を受けることが可能で、男性専用のクリニックでは専門の医師が症状や病状などを総合的に判断して、適切な包茎手術を提案してもらうことができます。

男性専用のクリニックでは事前にカウンセリングを受けることができ、実際に診察をしてもらった上で相談をすることができるので、症状が進んで苦痛が増す前に専門医に相談すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です