横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

糖尿病が引き金でも包茎手術で治癒できます

包茎になる原因は遺伝子などの先端的なものとありますが、生活習慣病から発症する場合もあります。特に女性の場合、糖化によって引き起こる血管の老化があります。余分な糖がタンパク質と結びついて変質することで老化物質が発生します。体内で分解されにくい老化物質が蓄積されて起こる病気が糖尿病です。

糖尿病は、肌の痒みや乾燥、血液循環の妨害などの症状がみられます。そして、男性の場合は亀頭や陰茎の包皮にも影響を及ぼします。栄養が上手く届かず栄養不足になり、痒みや炎症、裂傷などが発症する可能性があるのです。糖尿病にはこのような体全体の表面に症状が出るため日常生活や性交渉など様々な場面で苦痛が生じます。

さらに、炎症や裂傷を繰り返してしまうと包皮が硬化して真性包茎という状態になってしまうのです。これは自然治癒することが不可能なため、包茎手術が必要となります。包茎手術は痛みが少なく傷跡が目立ちません。また、性感覚を損なわないための手術でもあります。

包茎手術専門のクリニックや整形外科で施術をしてもらうかたちになります。繊細な部分でもあるため、他の病気との合併症や潜在的な病気の心配をするかもしれません。しかし、手術前に健康チェックをするので精神面でも安心して手術を受けられます。生活習慣病の一種である糖尿病から派生してしまう病気ではありますが日々の対策や注意喚起、引き起こしてしまった場合の手術もしっかり確立されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です