横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

糖尿病性包茎に対応する包茎手術

包茎になる理由は人それぞれ違いがありますが、糖尿病が原因で成人もいます。糖尿病になると高血糖の状態が長く続くことになりますが、そうなると動脈硬化も進んでいきます。血流が悪くなると豊富にも必要な栄養素が届きにくくなりますので、包皮炎にもなりやすくなります。そうなると包茎の症状も出やすくなり、不潔になりやすくなりますし、性行為の時も痛みを感じやすくなる可能性もあります。

一般的に包茎は包茎手術という形で改善ができますので、糖尿病が原因で包茎が悪化している人も、まずは医療機関に相談してみましょう。適切な治療を受けることで、そうした症状も改善できることもあります。糖尿病になっていると、包茎手術は受けられないと考えている人もいるのではないでしょうか。病気の進行具合は人それぞれ違いがありますので、糖尿病だからと言って、包茎手術が受けられないわけではありません。

まずは、健康状態を確認することが大事ですので、持病がある人は健康状態を隠すことなく正直に伝えるようにしましょう。飲んでいる薬がある場合は、服用薬がわかる書類なども持参すると良いでしょう。包茎手術が成功すると、包茎の症状も改善され、より清潔が保てるようになりますし、性行為がスムーズにできるなど多くのメリットがあります。症状が改善しても、再発を防ぐことも大事ですので、治療はきちんと行い、食事や運動などでも工夫して血糖値もコントロールしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です