横浜のコンジローマ治療ができるクリニック

包茎手術なら経験豊富な横浜のクリニック

男性は、勃起をすると自然と包皮がめくれるようになります。成人するとそれは顕著になりますので、本来ならば手術などをしなくても全く問題ありません。特に、日本人はほとんどの人が仮性包茎であると考えられています。仮性包茎の場合は、自分の手で包皮をめくることができるので、衛生面を考慮しても大きな問題になることがありません。

しかし、真性包茎の場合はこの限りではない状況です。このようなときは、横浜のクリニックに相談するのが無難です。包茎手術を行う対象となるのは、そのほとんどが真性包茎の患者です。真性包茎の患者は、本来ならばめくれるはずの包皮をめくることができない患者です。

包茎手術を行うと、この状態を改善できます。真性包茎の人は、包皮をめくることができないので亀頭の周辺に汚れが付着しやすい状態になってしまいます。当然ですが、衛生環境が悪くなってしまいますので、その人の健康状態も悪化する可能性を否定できません。横浜のクリニックでは、このような状態になることを防げます。

それだけではなく、真性包茎の人はパートナーに対しても悪影響を与える可能性が大きいのがデメリットです。包皮の中にたまっている汚れは、放置していると細菌やウイルスが繁殖しやすい環境になってしまいます。特に、性行為を行うときには性病を相手に感染させてしまうリスクが増大します。自分の問題だけではなく、パートナーも傷つけてしまう可能性がありますので、真性包茎の人は横浜のクリニックで包茎手術を受けたほうが良いです横浜で包茎手術のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です